2017・05

<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>

こで

Author:こで
へ鯖で活動中のAura Snip

意見・感想・質問等なんでも
【所謂】目安箱【Web拍手】

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RO Link



Friend Link



ブログ内検索



--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/31 (Wed) 状態異常について
さて、この画像を見てください。

同時にDS
LKには風鎧を着てもらい、弓職は風矢を持ちDS。
凍結判定が消えれば100*2程度のダメージしか当たりませんが。

凍結判定のまま連続攻撃が出来る場合と出来ない場合の違いとは?
今回はその仕組みについてを他の状態異常と共に。


関連記事
・処理開始と現象発生について



まず、状態異常には大まかに分けて2種類の仕組みがあります。


1.処理と同時に現象が発生する

これに該当するのはヒール、LA、キリエ時の被弾、ニューマ、テレポート(ハエ)、リザ、状態異常回復時のリカバリー・キュアー、ハイド、SWT(ショックウェーブトラップ)、SkT(スキッドトラップ)、VD等
処理と現象発生が同時のため、一度発動されてしまったらそれ以降には手出しが出来ません。
LAを喰らう(発動される)→ハエ がどんなに早くても逃げれませんし、
ハエが先だったときはいかなる場合もLAはかかりません。


2.処理後、時間を置いて現象が発生する
  ├――――――┤
処理開始    現象発生

1で挙げたスキル以外の大抵のスキルや通常攻撃がこちらに当たります。
LDなんかもそうですね。
現象発生までの時間は、ASPDに拠るものだったり一定間隔だったり様々ですが。
解りやすい例で挙げるなら騎士のバッシュ。
発動しても実際に相手の体力が減るという現象が現れるのはASPDに伴った0.数秒後になります。
余談として、ハイドをしてものけぞりモーションで上手く隠れられないというのは、
相手の処理→発生の、「→」の間にハイドをしているからです。
相手の現象発生が終わり、次の処理が始まる前にハイドを行えば絶対に成功します。

こちらのタイプの状態異常は、処理開始から現象発生までの間にテレポートを使うことでダメージの現象発生を食い止めたりすることも出来ます。
残念ながら凍結や暗闇などの状態異常の処理は止められませんが。
被弾しながらテレポートをしてもダメージを食らわないのはこのせい。
例外として、CAやスピアスタブ等は処理と同時にノックバックという現象が第一に発生し、ダメージという現象は後に発生します。

現象発生までの時間は、
・通常の物理攻撃スキルは大抵ASPD依存。
・Hunの罠やWizの攻撃魔法等の一部は一定間隔。

以上を踏まえてこちらの動画をどうぞ。
DSとBM、処理はどちらも「クリックした瞬間」から始まっています。
DSでは現象発生までが早いため1人ではキャンセルを用いても追撃が出来ませんが、
BMは現象発生まで1秒ほどあるため、追撃が間に合っています。

以前の日記に書いたWizのトリックというのは、実はこれで。
無3のアラームに対して念属性のSSは普通Missになってしまいますが、
FD>JT後の追撃をモーションキャンセルしてSSを撃つと、凍結解除という現象発生前にSSの処理開始が間に合うためにダメージが当たるのです。
この参考動画はWizを持っていないため用意できませんでしたが、スナイパーで使うならこんな感じに
風#Stのダメージがすごいことになるので、無属性のアラームも一瞬で。

ちなみに弓手Wiki等ではサンドマンは、

状態異常の発生は現時点の行動後に発生するという仕組みの為、
サンドマンもこれに従って現時点の行動を行った後に睡眠状態にさせています。
画面情報では発生していますが現時点の行動をキャンセルではないので、
発生しているのにもかかわらず叩かれたとか(現時点の行動が攻撃だった為)、
WIZのSGのような滑り(位置情報違い)が発生したりとかもします(現時点の行動が移動だった為)。
サーバーでは現時点の行動はキチンと計算されています。
発生から睡眠までには1,2秒のタイムラグがあると勘違いされている人が多いのはこの発生ポイントの為。


と書かれていますが、実際は1秒程度で現象が発生します。

 遠距離サンドマン
遠距離から釣り、遠くでサンドマンを当てた場合。
確かに「移動」という行動がキャンセルされずにこちらまで寄ってきますが、攻撃はされていません。

対して、

近距離サンドマン
遠距離から釣り、近くでサンドマンを当てた場合。
「移動」>隣接の後、「攻撃」までされています。
(上記SSでは、SS撮影時のラグによって座標ずれが起きていますが)


僕の知る限り、本当に「行動後に現象発生」という状態異常は、
IA・呪い・速度増加ポーション等の移動速度変更という現象のみだと思います。
遠くをクリックした瞬間にIAがかかっても、
その場所まで動いた後か別の処理をしたときからではないと歩く早さに変化がありません。
これらの状態異常は具体数が少ないため、例外と言っていいでしょう。





真実は調べないと解らないものですね。
全ての情報を鵜呑みにするのは危険です。
そう、僕の記事も(・ω・)ぐへへ
そして情報を活かすも殺すも人次第、と。
はてさて。


SG・LoV・サンクなどの設置系発動スキルについても書きたいのですが、
少し筆が長くなってしまったので、また次の機会ということに。




スポンサーサイト

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/01 13:07 | | [ 編集 ]

FT->BM->風#STに感動しました。
私のスナイパーはDEX120程度なので無理です‥‥残念(つдヾ
2006/06/01 16:05 | URL | AGI罠師 [ 編集 ]

FD>JT>SS懐かしいなー

あと移動速度といえば一般的に割と体感するのはQMですね。
ちょっと気になったんでJKのQMで確かめましたが、当たり前だけど
判定内に入ったらステ減少、出れば解除の即時判定で、QMの上をまたげば速度は減少しないがステはきっちり減少すると。
ネタ好きこでりあさんなら今更でしたかっ(´・ω・`)
トレインしたときQMをまたいだ場合、速度減少しないからといって安心もできないってことですな。
VIT騎士だから被弾しまくりで関係ないけd
2006/06/01 21:46 | URL | ほりい [ 編集 ]

>    さん
はっちーエロいねはっちー!

>AGI罠師さん
それは残念(ノД`)
個人的にSnipはDEX150↑がスキルを活かせると思いますが、必ず違うステには違うステの恩恵があると思います。
僕も一時期本気で2極が羨ましかったりもしましたし(笑

>ほりい
ほりい なのか DOT なのか統一してくだし。
そういえばQMもそうだね、いや書いてるときは思い浮かばないものなのよ。
騎士のネタ何か提供するといいぉ。
2006/06/04 00:12 | URL | こで [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです
2008/01/09 19:29 | | [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです
2008/03/28 02:21 | | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://codelia.blog54.fc2.com/tb.php/91-9fce90c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。