2017・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

こで

Author:こで
へ鯖で活動中のAura Snip

意見・感想・質問等なんでも
【所謂】目安箱【Web拍手】

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RO Link



Friend Link



ブログ内検索



--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/04 (Sun) ヘル・マスターの憂鬱
Snip×Hunペアにて冥界の王たるダークロードと対峙する。
逃げ撃ちではなく、まともに視野に捉えつつ彼の者を堕とすことが出来るであろうか。


※関連記事
・アンクルについて
・ヘル・マスターの退屈



「アンクルについて」に書いてある戦法を思いついたのは、RO復帰後少し後のこと。
約半年前にもなるか。
頭の中では理論が完成しているものの、機会もなく。
そして、やりあっていた月夜花の場所へも赴くことがなくなっていた。
ペアで大抵のMVPを倒せると、ただ言うだけなら誰でも出来る、が。
証明してみたくなった、残り僅かな道の間に成したいことが出来た。
よって知人のHuntを誘いDLの在宅中に訪問をば。


vsダークロード(8.4M 1:15minits)

計3テイクほど行い、最後の試合風景である。

まず、アンクルをASにて飛ばし対象の近くにばらまく。
アンクルをボス本体にかけねばならないためである。
動画では一回目で成功しているが、実際はかなり手間を取られることも。
DLの移動速度が速いせいで位置を取りづらいから。
陣取りゲームだが、いかんせん相手は規格外なのだ。
ASで弾くか、本体からかかりにくるのを確認したらば成功、第一の勝利を収めたと言ってもいいだろう。
その際、相手の移動が完全に終わるまで近づかないことが重要だ。
ターゲットされて取り巻きに襲われてしまっては苦労が無に還るだけ。

後はアンクル理論を頭に入れて、その位置に適確に投げてやればいい。
コーリングにより取り巻きの位置が変わってしまっても、焦らずに穴を見つけること。
リヒタルゼン3Fのボス以外は、アンクルにかかってさえ居ればターゲットも遠距離スキルも、さらには超Fleeや爆裂すらされることがない。
しかしDLの場合、取り巻きも見てくれが非常に大きいために密集されると非常にターゲットしづらくなることが。
そうなってしまった場合は、PTMの各々の役割のみをただ正確に。
ターゲットを失敗し、イリュージョンに矢を放ってしまえば襲われてしまう。
アンクル側はあくまで戦闘補助であり、主砲ではない。
知識、技術、度量が測られる仕事であり、アンクルを1秒投げるのが遅れればそれは負けを意味するのだから。


今回は完全な勝ちを喫した。
さてこれは運なのか、はたまた。
だが様々な課題は既に、僕の頭の中に山積みである。
もし次に皆様に戦いをお見せすることがあれば、今度は完璧な戦術を用意できれば、と。



弓の未来に幸あらんことを。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。